各教科の指導方針


指導方針

主な内容


 1 生徒が主体的に国語の学習に取り組む態度を養う。
 2   「理解」と「表現」を通して国語の基礎的な力をつける。
 3 生徒の進路希望に応じた指導内容、指導方法を研究す
     る。
 ・すすんで予習復習し、積極的に読書する習慣を養う。
 ・随時、作文や小論文を書くことによって表現力を養う。
 ・文法学習や漢字学習を適宜行う。
 ・進路希望に即した教材を選定する。


 1 基礎的な知識の習得や思考力を身につけさせる学習を
     重視する。
 2 生徒が主体的な学習を行えるように指導する。
 3 社会的事象に対する判断力が身につくような学習を行う
 4 広い視野を持たせ、自らの判断で正しい行動原理の基礎
     となるものを身につけさせる。
 ・副読本、資料集、写真、ビデオ、インターネットなど、多様な
   教材を適宜使用した学習を行う。
 ・地歴指導資料集を活用する。


  1 基本的事項を徹底させる。
  2 学習の遅れがちな生徒の対応をすすめる。
  3 受験問題に対応できる力をつけさせる。
 ・内容を精選する。
 ・補講・補習の充実。
 ・理系志望者及び文系数学選択者に対応する指導の徹底。


 1 自然科学の基礎知識を身につけさせる。
 2 自然現象のしくみを客観的に理解できるようにする。
 3 魅力ある授業の展開をする。
 ・内容を精選し徹底的に教える。
 ・実験・観察の重視。
 ・一人ひとりを大切にする。
 ・わかる授業を工夫する。


 1 強靭な心身と豊かな情操を養う。
 2 健康・安全を高める能力と態度を養う。
 3 施設・用具を大切に使う態度を養う。
 ・運動のもつ楽しさと厳しさにふれさせる。
 ・意欲的に活動させる。
 ・規則を守らせ、安全な行動を徹底させる。
 ・協力的態度を育てる。
 ・生涯にわたり運動を日常の生活で活かせる能力を高める。

教科

指導方針

主な内容

 1 音楽の諸活動を通して表現及び鑑賞の能力を高める。
 
 2 音楽文化を尊重し、豊かな感性を育てる。
 ・歌唱や楽器の基本を身につけさせ、表現力を育てる。
 ・幅広く音楽作品を鑑賞し、音楽を構成する要素や価値を
  感じとらせる。
 1 美術の幅広い創造活動を通して、美的体験を豊かにし
  生涯にわたり美術を愛好する心情を育てるとともに、
  感性を高め、創造的な表現と鑑賞の能力を伸ばし、
  美術文化についての理解を深める。
 2 美術の創造的な諸活動を通して、美的体験を豊かにし
  生涯にわたり美術を愛好する心情を育てるとともに、
  感性を高め、個性豊かな美術の能力を伸ばし、美術文化
  についての理解を深める。
 ・絵画、彫刻・デザイン・映画メディアの表現について、主
  題を生成し表現を構想し材料や用具の基本的な使い方
  を身につけるとともに意図に応じた創造的な表現方法を
  追及する。
 ・鑑賞について、美術のよさや美しさを理解し、作者の心
  情や意図・表現の工夫について学ぶ。
 
 1 芸術としての書の美を求めていく中で、豊かな感性を
  育てあげる。
 
 2 書を愛好する心情を育成し、日常の暮らしの中に積極
  的に生かす態度、能力を養う。
 
 ・古典等優れた作品を多く鑑賞させる。
 
 ・看板・ポスター等、日常の暮らしの中に生かされているい
    ろいろな書に触れさせる。
 ・平安時代の仮名を臨書させることにより、その美しさ、表
  現する技術を身につける。
 
 1 基本的事項の徹底。
 2 各自の進路に対応できる力の育成。
 3 4つの技能の総合的な能力の伸長。
 4 専門科目の充実。
 ・積極的に授業に参加する態度を育てる。
 ・予習を徹底させる。
 ・重要項目の反復により、定着をはかる。
 ・ALTとのティームティーチングを通してコミュニケーション能力を伸ばす。
 
 1 生活者としての自立をめざし自分らしく生活するための
     知識と技術を高める。
 2 実験・実習を通して問題解決能力を養うと同時に作る
     ことの喜びと達成感を体験させる。
 
 ・実生活と関連させて考える。
 ・実習では、季節、時流に即応した題材を選ぶ。
 ・作品は必ず全員完成させる。
 
 1 情報を活用していく実践力をつける。
 2 実習をとおして技術を習得させ、進んで応用していく能力を養う。
 
 ・情報機器を積極的に活用し、基本的なスキルを身につける。
 ・作品製作など、実習課題を中心に取り組む。