【女子バスケ部】新人戦 県大会出場決定!

女子バスケ部です!新人戦の途中経過を報告します。

 

1回戦 大宮南63-45大宮(県大会出場決定)

 

以前の記事でも触れたとおり、今シーズン3回目の対戦ということで、お互いのストロングポイントは知り尽くした上でのゲームとなりました。課題としていたゾーンOFは、夏に比べると随分機能するようになりました。その中での判断力を磨くにはもう少し時間がかかりそうですが、良い経験になったと思います。ないことを祈りますが万が一、4回目の対戦があれば、さらに失点を抑えられるようなDFもイメージできました!

 

2回戦 大宮南68-45県立川口(ベスト8)

 

16シードの2チームを倒して勝ち上がってきた、県立川口との対戦です。平均的にサイズも大きく、エースの#5の得点能力が非常に高い、要注意なチームです。思えば3年前に県大会を逃すことになった発端は、夏季大会の初戦で県立川口さんに1点差で敗れ、シード権を失ったことからでした。今の選手たちには関係ありませんが、個人的には乗り越えなくてはいけない相手と考えていました。序盤は流れを掴みきれず、前半はほぼ互角の展開でした。しかし3Qに入ると本校の選手たちが躍動し、20-2とこのクォーターで一気にリードを広げます。4Qはトラップにかかる場面もありましたが、要所ではしっかりと得点を取り、最後は完璧な2メン2on1でゲームを締めくくりました。

 

以上の結果から、県大会出場・2大会連続の南部支部ベスト8が確定しました!

 

ここまで戻ってくるのは本当に長い道のりでした。なかなか結果が出せず、選手たちにも苦しい思いをさせてきました。私自身も悩み、自分のバスケットに自信が持てない時もありました。ですがそういった経験があったからこそ、今のチームがあると思います。

 

...とは言ってもまだスタートラインに立ったばかり、何も成し遂げてはいません。11/19(土)に支部ベスト4をかけて、浦和西高校と勝負です!「どこまでできるかだね」とよく言われますが、勝つイメージだけを持って試合に臨みます。やるべきことをやるだけです。

 

もちろん何も考えずに戦ったら、簡単に踏み潰されてしまうレベルの相手です。ですが弱い者に強いチームは作っていません。常に上位チームとの対戦で必要になることからの逆算です◎ 「バスケットは点差じゃない。」選手に言い聞かせていることを、証明できる試合にしたいと思います!

 

また次の記事も、ぜひご覧ください(^^)