男子バスケットボール部 活動内容

男子バスケットボール部 活動内容

 

 

【2024年度チーム】 

    活動紹介(2024)  
   男子バスケットボール部は、顧問米山先生、副顧問阿部先生、3学年のプレイヤー32名が一丸となって県大会出場という目標に向かって日々練習に取り組んでいます。また、技術や体力だけでなく精神面でも成長できるよう互いに刺激しあい、学校生活を大切にすることを心がけています。

部長【3年 飯野竜輝】
1年生 13名 2年生 11名 3年生 8名 マネージャー2名
 
    活動計画(2024)       
                                                                                           
 活動場所:体育館
 活動日 :毎日(休養日は変動)
 活動時間:前半・16:00~17:30 後半・17:30~20:00頃
     月    7時間授業のため、隔週で体育館を使用
     火・金  後半
     水・木  前半    
     土・日  9:00〜13:00 または 13:00〜17:00
         (1日行うこともあります)
 
    

4月

 強化練習・練習試合

10月

 強化練習、練習試合

5月

 関東大会予選

11月

 新人大会南部支部予選

6月

 インターハイ予選

12月

 冬季合宿

7月

 ウィンターカップ予選

  1月

 新人大会

8月

 夏季合宿・夏季南部地区選手権

  2月

 強化練習

9月

 強化練習・練習試合

  3月

 春季合宿

 
 
    主な成績・関連サイト 
 
 新人大会南部支部予選第6位(平成28年度)
 新人大会埼玉県予選出場(平成25、27、28、29、30、令和元年度)
 関東大会埼玉県予選出場(平成25、26、29、令和元年度)
 インターハイ埼玉県予選出場・ベスト16(平成25、26、29年度、令和3年度)
 
  
 埼玉県高体連バスケットボール専門部公式サイト → 
 埼玉県バスケットボール協会 → 
 埼玉県南部高体連バスケットボール専門部  → 
 
男子バスケットボール部より

男バス

【男子バスケ部】令和5年度 夏季休業中の活動報告

【部活動体験】

 7月27日(木)に本校体育館で部活動体験会を実施しました。

普段と違って「誰かから教わる」立場から「誰かに教える」立場になることで、

自身のバスケットボールへの理解度もいつも以上に深まったのではないでしょうか。

また、上記の日程以外にも連絡をいただき来校してくださった学校もありました。

参加してくださった中学生の皆さん、ありがとうございました。

   

 

【東京埼玉交流戦 in川口・大宮】

 7月29日(土)、30日(日)に県立川口高校と本校体育館にて東京埼玉交流戦を実施しました。

本交流戦は、東京と埼玉という普段では対戦する機会の少ないチームと対戦し、お互いの技術向上を図ります。

コロナ禍をまたぎ3年ぶりの開催となりました。対戦をする会場をはじめとし、練習仲間・対戦相手・

運営委員会の方・保護者の方と多くの人が関わって開催することができました。

あらためて、今回の2日間で対戦してくださった東京都のバスケットボール部の方々、

運営に携わっていただいた多くの先生方に感謝の意を表したいと思います。

  

 

【校内合宿】

 8月8日(火)~11日(金・祝)に3泊4日の校内合宿を実施しました。

今回は「約束事の確認と食育」を一番の目的として、合宿を行いました。

また、大宮東高校・市立浦和高校との練習試合のほか、多くのOBによるOB戦も連日夜遅くまで行われました。

朝から夜までバスケ漬けとなった校内合宿でしたが、4日間チームメイトと寝食を共にして

お互いを知り自分を知ることで、普段の練習では得ることのできない経験をすることができました。

個人としてもチームとしても、一歩成長できたのではないでしょうか。

  

 また上記以外にも、県内8つの高校のバスケットボール部と練習試合・合同練習をさせていただきました。

この場を借りて御礼申し上げます。

 

【令和5年度 夏季南部支部大会】

 8月20日(日)に本校にて令和5年度夏季南部支部選手権大会の1回戦が開催されました。

鳩ケ谷高校と対戦し、65-70という結果で惜敗となってしまいました。

第1Qはこちらが先行するも第2Qで逆転され点差をつけられてしまいました。

また、暑さの中で主力選手が途中で交代してしまうトラブルがありながらも、

第3Qでは相手を抑えて同点に追いつくといったチームの底力の高さを改めて実感することができました。

   

  

 次回の11月から始まる南部支部新人大会はノ-シ-ドでの戦いとなります。

そのため、チーム目標である県大会ベスト16は厳しい状況となりますが、

今回の経験を糧により一層の努力を重ね、チーム一丸となって練習を行って参ります。